通販サイトの運用において大事なのは長期的な視点です。目先の利益だけを考えて、木を見て森を見ずといった状態にならないようにしなければなりません。短期的な視野で考えたら全く利益が上がらない、むしろ赤字になってしまうようなことでも、長期的に見たときにいい結果に繋がるといったケースは多いのです。

これから通販サイトの運用をはじめようと考えている、または興味があるといった方の場合、その目的や意図をしっかりと確認することから初めてみましょう。ご自身の事業計画によって、ASPを利用してサイトを作ればいいのか、またはエンジニアなどを雇い、大きな初期費用を投じてでも、より拡張性の高いサイト構築を目指すべきなどが変わってきます。サイトデザインの拡張性、自由度ひとつ取ってみても、そのサイトが目指す事業によっては大きな意味を持つことになります。例えばファッションやデザインの様な商材を取り扱うサイトの場合、テンプレートで用意されたよく見るサイトデザインではブランドの信用を損ねることに繋がりますし、薄利多売を目的とした事業の場合、サイトデザインに関してはそこまで細かい気配りをする必要が無いケースもあります。

通販サイトの構築や運営を外部に委託して、ご自身が指示や注文だけをするというのも選択肢として有効です。まずは事業の規模や方針などから、サイトの意図、目的などをはっきりさせ、無理のない予算でサイト運営を考えましょう。

通販サイトを作る場合いろんな方法があります。通販サイトなどのインターネットを通じて商品の売買を行うことの総称をEコマース、ECと言います。ECサイトの構築の代表的な4つの方式はASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチです。どの方式を選んでサイト構築、運営を行うかは利用者の目的、用途によります。

例えば個人でインターネット通販のサイトを構築しようといった場合、基本的にはASP方式を選ぶことになります。ASPとはApplication Service Providerの略で、利用者は普段使っているWEBブラウザからアクセスすることが可能ですし、予めECサイトの構築に関する必要な機能が備わっていますし、サービスも充実しているので気軽に始めることができます。もちろん、ASPにもデメリットはあります。機能や容量に制限がありますし、顧客情報の抽出や保存の面で制限があることが多いです。ですので、自社の業務フローに合わせてサービスを拡大したい、自由度の高い拡張性が求められるような大規模事業者には向かない方式と言えるでしょう。その場合はオープンソース、パッケージ、フルスクラッチなど事業やサイトの規模、方針に合った方式を選ぶことになります。ASPは初期費用も安いため、導入のハードルが低いです。今から通販サイトをはじめて作る個人の方はまずASPについて調べることから初めてみるのが良いでしょう。

参考サイト→→ECサイト構築ASPサービス<MODD>はこちらです。
初期費用無料、最短1ヶ月程度で利用開始ができます。

普段のちょっとした買い物から、高額な商品の購入までインターネットを通じて便利に利用できる時代になり、外へ出かけての買い物よりも通販サイトを利用してモノやサービスを買うといった方が増えています。中でも選ばれるのは大都市の大型店舗に行かなければ手に入らなかったものを郊外に住む方が気軽に買えるようになったり、食材やサプリメントなど定期的に購入するものが決まっている場合に、わざわざ買い物へ出かけなくても自動的に自宅に届けてくれたりといったようなニーズにマッチしたサービスが利用できるポイントが多いことが理由として大きいでしょう。

通販サイトには大きく分けてモール型と自社サイト型の2種類があります。モール型は私達が普段買い物に行くショッピングモールのように多種多様な商品を網羅しているショッピングサイトを指し、誰でも耳にしたことがあるような大手企業が運営しているケースが多いです。自社サイト型は、規模はそれぞれ異なりますが、自分で構築したサイトのことを言います。小さな個人経営のネットショップから大手の企業まで、自社サイト型と言ってもさまざまではありますが、どのような目的で通販サイトを運営しているかによってどの形態を取るのかは変わります。

欲しいものが有るけど、近くの店舗に商品が置いていない、天気が悪いので家にいながらショッピングが楽しめたらなど利用者のさまざまなニーズに応えてくれる通販サイト。インターネットショッピングなど利用する機会が多いという方も多いのではないでしょうか。なんでも揃っている街のショッピングモールのような通販サイトから、小さな個人経営のお店のような、規模は決してでかくないけどオリジナル商品を取り扱ったサイトまでさまざまな通販サイトがあります。

このように通販サイトが一般的になってきた現代で、自分も通販サイトをビジネスに利用しようという方も多いのではないのでしょうか。通販サイトには大きく分けてモール型と自社サイト型の2種類があります。どのような型を選ぶのかはご自身のビジネスにマッチしたものを選べばよいので、その特徴をよく理解しておくことが大切です。また、これから初めて通販サイトを構築しようという方は、まずはどのような構築方法があるのかについて理解する必要があります。構築方法にはASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチという4つの代表的な方式があるので押さえておきましょう。

そして上手に運用するためには自身のビジネスで通販サイトを利用する目的意識をしっかりと確認しておくことが重要です。当サイトではこれから通販サイトを構築・運用したいと考えている方や、通販サイトについて知りたい方に向けて役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。