どうやって作るの


通販サイトを作る場合いろんな方法があります。通販サイトなどのインターネットを通じて商品の売買を行うことの総称をEコマース、ECと言います。ECサイトの構築の代表的な4つの方式はASP、オープンソース、パッケージ、フルスクラッチです。どの方式を選んでサイト構築、運営を行うかは利用者の目的、用途によります。

例えば個人でインターネット通販のサイトを構築しようといった場合、基本的にはASP方式を選ぶことになります。ASPとはApplication Service Providerの略で、利用者は普段使っているWEBブラウザからアクセスすることが可能ですし、予めECサイトの構築に関する必要な機能が備わっていますし、サービスも充実しているので気軽に始めることができます。
もちろん、ASPにもデメリットはあります。機能や容量に制限がありますし、顧客情報の抽出や保存の面で制限があることが多いです。ですので、自社の業務フローに合わせてサービスを拡大したい、自由度の高い拡張性が求められるような大規模事業者には向かない方式と言えるでしょう。その場合はオープンソース、パッケージ、フルスクラッチなど事業やサイトの規模、方針に合った方式を選ぶことになります。
ASPは初期費用も安いため、導入のハードルが低い
です。今から通販サイトをはじめて作る個人の方はまずASPについて調べることから初めてみるのが良いでしょう。

参考サイト<クラウド型ECサイト構築サービス MODD